失敗しない模様替えのコツを押さえよう!おしゃれで広く見えるお部屋にするポイントを解説!!

おしゃれで広く見えるお部屋に模様替えしよう!

  • 「おしゃれなお部屋に模様替えしたい!」
  • 「部屋を広く見せたい」
  • 「簡単に部屋の雰囲気を変える方法ないかな?」


お部屋の雰囲気をある程度気にする人であれば、一度はこんなことを思ったことがありますよね。でも模様替えって意外と難しく、自分のセンスだけでチャレンジしても「なぜか上手くいかない……。」という思いをした方も多いのではないでしょうか?


今回は模様替えをしたいと考えているけど、「失敗したらどうしよう」と考えてしまっている方に向けて、誰でも導入できる模様替えのコツを解説していきたいと思います!

模様替えのコツ①:まずはどんなインテリアスタイルがあるのかを知る

模様替えをするうえでまず大事になってくるのは、「どんなインテリアスタイルがあるのか知る」ということです。

これはめちゃめちゃ大事で、デザインを自己流で考えたりすると、よほどセンスがある人でない限り痛い目に合います。まずは、、

  • どんなスタイルがあるのか
  • 自分はどんな雰囲気の部屋が好きなのか
  • 自分の部屋で実現可能か

をしっかりと確認しましょう!

↓↓以下の記事では色んなジャンルのお部屋を紹介しているので、ぜひ見てみてください!

模様替えのコツ②:部屋をおしゃれに見せるコツ

ここからはお部屋をおしゃれに見せるコツについて解説していきます!

部屋をおしゃれに見せるコツ①:「色を統一する」

一つ目は「色や素材を統一する」ということです。

インテリアスタイルの種類はさまざまで、もちろんいろんな色を使っておしゃれに見せるものも存在します。が、普通の人にはハードルが高すぎます。頭の中では出来上がっていても、実際出来上がったらごちゃごちゃな部屋の完成!なんてことも。

そこでおすすめなのがテーマカラーを一色自分の中で設定すること。自分にしたい雰囲気の色で合わせることで、失敗することなくまとまった印象のお部屋になります

お部屋のおすすめベースカラー
 
  • →シックで落ち着いた雰囲気
  • →すっきりとして明るい印象
  • グレー→シックだが暗くなりすぎない
  • 茶色→カジュアルな印象に

【黒を基調とした部屋】

グレーを基調とした部屋】

茶色を基調とした部屋

おすすめはこんな感じです。参考にしてみてください!

部屋をおしゃれに見せるコツ②:「スッキリか、ごちゃごちゃか」

2つ目はスッキリしたお部屋が良いのか、ものが多いお部屋がいいのか選ぶことです。


タイトルには「ごちゃごちゃ」と書いてしまいましたが、これは整理整頓がされていない部屋というわけではなく、「雑多な雰囲気の部屋」という意味です。おしゃれな部屋は物が少ないスッキリとしたスタイルだけではなく、雑貨や小物が多く置いてあったり、「飾る収納」を活用した、ものが多い印象のお部屋も多くあります

大事なのは、色合いやスタイルで、それが許されるか決まるということ。つまり、、

部屋の雰囲気とモノの量
 
  • 白、黒を基調としたスッキリスタイル→ものが多いと汚い雰囲気に
  • 茶色を基調としたカジュアルスタイル→ものが少ないと物足りない。


といった感じ。目に見えるものの量が多いほうがいいのか少ないほうがいいのかで、お部屋の雰囲気を決めるということですね。

【ものが少ない部屋】

【ものが多い部屋】

部屋をおしゃれに見せるコツ③:「間接照明を置く」

3つ目は単純に「間接照明を置く」ということ。

「なんだそれだけ?」という方も多いかもしれませんが、これが中々効果絶大なのです!

一部屋に一つの照明だと、それだけのスペースにしか見えませんが、間接照明を置くことによって空間が仕切られるような効果が得られます。メリハリがつき、各スペースにスポットが当たることでおしゃれな雰囲気を演出できるんです!

生活スペースごとに間接照明を置いてあげるだけでおしゃれさは2倍にも3倍にもなります。ぜひ試してみてください!

【暖色で落ち着いた雰囲気を】

【アジアンな雰囲気を演出】

【観葉植物とセットで配置】

【壁や天井につけるのも良い】

部屋をおしゃれに見せるコツ④:「観葉植物を置く」

4つ目は「観葉植物を置く」です。

これもやり尽くされた方法ではありますが、やはり効果抜群です。

緑の差し色はどんな雰囲気のお部屋にもマッチし、やさしいナチュラルな印象をプラスしてくれます。主張の強いコーディネートの部屋も、その雰囲気を和らげてくれる効果があるのでぜひ試してみてください!

間接照明とセットで置くものおすすめです!

【窓際に置くのがおすすめ】

【雑貨と一緒に飾る】

【多肉植物もおしゃれ】

【吊るす観葉植物】

模様替えのコツ③:部屋を広く見せるコツ

ここからは部屋を広く見せるコツを紹介していきます!

導線をしっかりと確保する

部屋を広く見せるための一つ目のポイントは「導線をしっかりと確保する」ことです。

具体的に言うならば、ドアからの通路を広く取ってあげるのがとても効果的です。移動がスムーズになるだけでなく、ドアから部屋に入ったときに広がる空間が広く感じるため、部屋全体を広く見せることができます。

【階段周りにものを置かない】

【ドアからの導線をスッキリ】

手前に高い家具を配置する

2つ目のポイントは「手前に高い家具を配置する」ということです。

これも前項と同じ理屈で、手前に高い家具や大きな家具を配置することで、部屋に入ったときに見える空間を広く見せることができます。また、部屋の中でも自分が最もいる時間が長い場所からも、大きい家具は離したほうがいいです。

なるべく死角になる場所に大きな家具を配置しましょう!

【高い家具を置かないことで広く見せる】

【目立たない角に高い家具を配置】

床の見える面積を増やす

3つ目のポイントは「床の見える面積を増やす」こと。

家具や物を詰めすぎるのではなく、「余白」をちゃんと作ってあげることで、広くてすっきりした印象のお部屋にすることができます。何もない空間には荷物を重ねてしまいがちなので気を付けましょう(笑)

【ベランダの近くにモノを置かない】

【カーペットを敷くことで物足りなさをカバー】

模様替えのコツ④:簡単に部屋の印象を変える方法

ここからは簡単に部屋の印象を変える方法を紹介していきます!

簡単に部屋の印象を変える方法①:「家具の配置を変える」

1つ目は「家具の配置を変える」ことです。

今あるもので、今すぐにできるのがいいですね。家具の配置を変えただけでも部屋の印象はかなり変わります。

テレビとソファなど対になるものを入れ替えるのも簡単でおすすめ。部屋のバランスを損なわないまま雰囲気を変えることができます。リビングの場合はテーブルの向きを変えるだけでも印象はかなり変わるのでおすすめです。

簡単に部屋の印象を変える方法②:「照明を変える」

2つ目は「照明を変える」です。

明るさやカラーを少し変えるだけで部屋の印象はガラッと変わります。カラーを変えるなら、暖色のものにするのがおすすめ。温かみのあるやさしい雰囲気のお部屋に変化させることができます。

また、照明のシェードを変えることで光の微妙な変化や、光の指向性の変化も部屋の雰囲気に大きな影響を与えます。

【暖色照明でゆったりな時間を】

【ステンドグラスのシェード】

簡単に部屋の印象を変える方法③:「壁紙を変える」

3つ目は「壁紙を変える」です。

広い面積のデザインを変更することになるので、お部屋の印象をガラッと変えることができます。また一面を変えるだけでもその効果は十分に期待できるため、全面貼り変えなくてもOK。

気に入った壁紙から、その雰囲気に合った家具をそろえていくのもいいですね!

【パステルカラーでおしゃれな雰囲気に】

【絵柄の壁紙も】

簡単に部屋の印象を変える方法④:「インテリアファブリックを変える」

4つ目は「インテリアファブリックを変える」です。

インテリアファブリックとはカーテン、絨毯、ベッドカバー、ソファカバーなどのインテリアに使う布類のことです。これらのデザインを統一して変えることで、部屋全体をその雰囲気にすることができます。

【チェックでかわいらしい印象に】

【派手柄をワンポイントに加えるのも】

タイトルとURLをコピーしました