フジゲン(FUJIGEN)のテレキャスターの評価は?音の特徴やラインナップを解説!【シンライン・カスタム】

フジゲンテレキャスター
この記事で分かること
  • フジゲンのテレキャスターはどんな人におすすめか
  • ラインナップとそれぞれの特徴

高コスパメーカー”フジゲン”のテレキャスターは実際どうなの?

FGN FUJIGEN NTL10MAH VNT(Vintage Natural) Neo Classic Guitar ...

コスパが良い」と噂の国産メーカー「フジゲン」。

ギタリストなら1度は気になるメーカーですよね!高い技術力を駆使した高い品質のギターは、「弾きやすい」「サウンドが良い」と、非常に評価が高く、初心者から上級者まで、多くのギタリストに愛されています。

そして今回の主役は、フジゲンギターの中でもテレキャスター!

フジゲンのテレキャスって実際どうなの?

「コスパが良い」って聞くけど、どんなサウンド?

という方に向けて、

  • フジゲンはどんなメーカーか
  • FGNテレキャスの特徴
  • ラインナップ

といった感じで、解説していきたいと思います!

↓↓フジゲンについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!

フジゲン(FUJIGEN)とはどんなメーカー?

まずはフジゲンとはどんなメーカーなのか、さらっとお話していきます!ポイントは、

  • 高い技術力をもつ国産メーカー
  • 「弾きやすさ」を追求した加工
  • 木材のこだわり

この3つです!

高い技術力をもつ国産メーカー

フジゲン株式会社|Baseconnect

フジゲンは1960年創業の老舗国産楽器メーカー。開発から製造まですべてを日本国内で行っています。フェンダージャパンの委託製造を行っていたことでその名が知れ渡り、現在に至るまで長くプレイヤーに愛され続けています。

トラディショナルからモダンまで、あらゆるニーズにマッチしたギターを数多く販売していおり、カスタムオーダーも可能(20万円ほど)。高級車の内装・高級スピーカーなどの製造もおこなうなど、その高い技術力が高く評価されるメーカーです

「弾きやすさ」を追求した加工

エレキギターを弾く人

常に「プレイヤーに寄り添った」ギターを提供してくれるのが、フジゲンというメーカーの最大の魅力でしょう。作りが精巧であることはもちろん、「弾きやすさ」「サウンドの扱いやすさ」を追求し、

弾きやすさをアップさせる加工
  • サークル・フレッティング・システム(C.F.S)➡弦とフレット垂直に
  • コンパウンドラディアス指板➡チョーキングによる音詰まりを防止
  • ローネックセット➡自然な弾き心地

といった様々な仕様を採用しています。「ユーザー目線であること」そしてフジゲンの「高い技術力」があるからこそ、ギタリストが好む1本に仕上がるのでしょう!

木材のこだわり

ベージュの木製スタンドのクローズ アップ写真

フジゲンは使用する木材にも大きなこだわりが詰まっています。

  • 実際に足を運んで木材を選定
  • 10%しか取れない正目材をネックに使用
  • 含水率をなるべく下げる人工乾燥

どれも簡単なことではありませんが、木材の調達から加工まで、サウンドや強度を考え作られるからこそ、高いクオリティのギターが出来上がるんですね!

フジゲン(FUJIGEN)テレキャスターの特徴

次はフジゲンテレキャスの特徴についてです!ポイントは、

  • はっきりしたサウンド
  • 歪み乗り◎
  • コイルタップ

この3つ。見ていきましょう!

抜けの良い明るいサウンド

【公式】FUJIGEN NCTL-10R/AL/CAR 試奏動画

テレキャスターに限らずフジゲンのギターは、はっきりとした出力で元気なサウンドが特徴。音抜けが非常によく、バンドの中でも埋もれないパワーと存在感を持ちます。もちろんテレキャスらしいキレの良さも健在。まさに「使いやすい」テレキャスターです!

歪み乗り◎ロックギタリストにおすすめ!

Fujigen Neo Classic NCTL 10RAL

フジゲンには、ヴィンテージからモダンまで、さまざまなコンセプトのテレキャスターが存在しますが、共通して歪みの乗りが良いのが特徴です。前項の「抜けの良さ」「明るいサウンドキャラクター」も相まってロックギタリストに特におすすめしたいです!

コイルタップにより幅広いサウンドメイクが可能

トーン・ポット w/コイルタップ・スイッチ

フジゲンのハムバッカーモデル(シンラインは除く)にはすべてコイルタップ機能が搭載されています。シングルコイルとしても使用することができ、幅広い音作りが可能です。

フジゲン(FUJIGEN)テレキャスターのラインナップ

最後にフジゲンテレキャスのラインナップをご紹介!フジゲンの生産ラインの中でテレキャスターが存在するのは、

  • J-standard シリーズ
  • Boundary シリーズ
  • Neo Classic シリーズ

の3つです。

J-standard ILIADシリーズ

フジゲンのモダン系シリーズの中位機種。ピックアップはリア・フロント共にハムバッカーがマウントされ、ハードロックからメタルまで対応します。

ウォームなドライブサウンド「JIL2-EW1-G」

特徴
  • 価格:11万円ほど
  • 温かみのある中音域
  • シングルコイルに切り替え可能

トップ材にブラジリアンウォールナットを使用し、少し温かみのあるウッディなトーンが特徴。中域にコシがあり、弾きごたえバッチリです。トーンポットを引き上げると、シングルコイルでの演奏が可能。ウォームなドライブサウンドが好みの方におすすめです!

  • ボディ材:インブイア(トップ)/アッシュ(バック)
  • ネック材:メイプル
  • 指板材:グラナディロ
  • ピックアップ:Seymour Duncan® Jazz SH-2n(フロント)/Seymour Duncan® JB™ TB-4(リア)
  • コイルタップ:有
FGN J-Standard Iliad JIL2EW1G Demo

メタラーにおすすめ!「JIL2-ASH-DE664-G」

特徴
  • 価格:11万円ほど
  • アクティブピックアップ採用
  • ヴィンテージモードに切り替え可
  • すっきりとクセの無いサウンド

FISHMANのアクティブピックアップを採用。とにかく深く歪ませたいというメタル系ギタリストにおすすめです。ボディ材にアッシュを採用。無駄のないすっきりしたサウンドで、モードでキレのあるサウンドを作り出せますよ!また「Voiceスイッチ」を切り替えれば、ヴィンテージ感あふれるサウンドも出力可能。用途が幅広い1本です!

  • ボディ材:アッシュ
  • ネック材:メイプル
  • 指板材:グラナディロ
  • ピックアップ:FISHMAN® Fluence Modern Humbucker Alnico PRF-MHB-AB1(フロント)/FISHMAN® Fluence Modern Humbucker Ceramic PRF-MHB-CB1(リア)
  • コイルタップ:有(ボイスセレクト)
FGN J-Standard Iliad JIL2ASHDE664G Sound Samples (Drop C + Drop B Tuning)

モダン&クラシック「JIL2-AL-G-HH」

特徴
  • 価格:10万円ほど
  • モダン系の中ではクラシック寄り
  • 芯の残ったドライブサウンド

J-standardシリーズの中で、もっともクラシックなテレキャスターを色濃く残したモデル。アコースティックな弾き心地と反応をしてくれます。ただし、歪ませればハードなサウンドに様変わり。芯の残った抜けの良いドライブサウンドで、ロックからメタルまで幅広く対応できますよ!

  • ボディ材:アルダー
  • ネック材:メイプル
  • 指板材:グラナディロ
  • ピックアップ:Seymour Duncan® ’59™ Neck SH-1n(フロント)/Seymour Duncan® JB™ TB-4(リア)
  • コイルタップ:有
FGN Guitars Japan | JIL-AL-R-HH Electric Guitar | Tone & Sound Review With Jack Thammarat

Boundaryシリーズ

フジゲンラインナップの中で最もリーズナブルなシリーズ

歪み乗り◎「BIL2-M-HS」

特徴
  • 価格:6万円ほど
  • フロントはハムバッカー
  • 歪みとの相性◎

ボディ材にバスウッドを採用したテレカスタム。やわらかい材質のバスウッドに対し、ネックはメイプル指板を採用して音の立ち上がりをカバーしています。ゴリっと存在感のあるサウンドではありませんが、歪みとの相性はバッチリ!加工しやすいサウンドで深いディストーションサウンドを楽しみたい方におすすめです。

  • ボディ材:バスウッド
  • ネック材:メイプル
  • 指板材:メイプル
  • ピックアップ:FGN BH-n(フロント)/FGN BIL-b(リア)
  • コイルタップ:有
FGN Boundary Iliad. Новый японский телек лучше старых двух!

Neo Classic NTL

名前の通りクラシックなギターサウンドを基本に、プレイアビリティやサウンドの使いやすさをグッと引き上げたシリーズ。いわゆる「テレキャスター」が欲しい方はこちらがおすすめです。

シングルコイル

特徴
  • 価格:9万円ほど
  • THEテレキャスサウンド
  • 歪み乗りが良くロックギターにおすすめ

「キレ」と「コシ」のある、まさにテレキャスターサウンド。ゴリっとしたパンチのあるサウンドで、テレキャスにありがちな低出力も問題なし。気持ちの良いドライブサウンドに、明るいトーンキャラクターでロックギタリストに特におすすめです!アルダーとアッシュの2種が存在。アッシュモデルはメイプル指板が選択できます。

  • ボディ材:アルダー/アッシュ
  • ネック材:メイプル
  • 指板材:メイプル/ローズウッド
  • ピックアップ:FGN 52T-HOT-F(フロント)/FGN 52T-HOT-R(リア)
  • コイルタップ:無
【公式】FUJIGEN NCTL-10R/AL/CAR 試奏動画

カスタム

特徴
  • 価格:12万円ほど
  • リードギターにおすすめ

フロントにハムバッカーを採用したいわゆる「テレカスタム」。ギターソロをハムバッカーで伸びやかに弾きたい方や、シングルだとパワー不足を感じるリードギターにおすすめです。

  • ボディ材:アッシュ
  • ネック材:メイプル
  • 指板材:ローズウッド
  • ピックアップ:Seymour Duncan® ’59™ Neck SH-1n(フロント)/Vintage ’54™ Tele STL-1(リア)
  • フィニッシュ:ラッカー塗装
  • コイルタップ:無(4WAYセレクターでシングルコイルでの演奏可)
Дмитрий Андрианов – Обзор гитары Fujigen Neoclassic Telecaster

シンライン

特徴
  • 価格:10万円ほど
  • 「アッシュ+シングル」「マホガニー+ハム」から選べる

シングルコイルにアッシュボディを採用したNTL10MAHTと、フロントハムにマホガニーボディを採用したNTL11MMHTが存在。歯切れの良い軽やかなサウンドが好みの方はシングルモデル、ジャズでも使える色気のあるシンラインが好みの方はカスタムモデルがおすすめです。歪み乗りが良いため、ロックにも問題なく使えますよ!

  • ボディ材:アッシュ/マホガニー
  • ネック材:メイプル
  • 指板材:メイプル
  • ピックアップ:FGN 52T-HOT-F(フロント)/FGN 52T-HOT-R(リア)
  • コイルタップ:無
【公式】FUJIGEN NCTL-10M/ASH/SH/WB 試奏動画
FgN Fujigen NTL103 シンライン 【商品紹介@Guitar Planet】

いかがでしたか?

フジゲンテレキャスターについて理解が深まったならうれしいです!

タイトルとURLをコピーしました