【アコギ選び方】弾き語りにおすすめなアコースティックギターを紹介!【ジャカジャカ弾くか、キレイに弾くか】

この記事で分かること
  • 弾き語りのタイプが分かる
  • プレイスタイルに適したアコギが分かる

こんにちは、もつを( https://twitter.com/motsuwo3 )です。

弾き語りを始めたいんだけど、どのアコギを選んだらいいか分からない!!

おすすめを教えて!!

という方に向けての記事です。

「最初の一本選び」は全ギタリストが困った問題です。

「だって最初は何がいいのか、何が悪いのか、全く分からないんだもん!!そりゃあそうだろ!!」

そんな声が聞こえてきそうです(笑)

とはいえ、自分に合わないギターを弾いていても楽しくないし、ギターのことが分かってきたときに後悔しても後の祭りです。調整が悪いギターだと変な癖がつくこともありますしね。

ということで今回は、弾き語りのタイプを

  • ジャカジャカタイプ
  • 指弾きタイプ

の2つに分けて、それぞれにおすすめのアコギを理由と共に紹介していこうと思います!

弾き語りのタイプは2種類ある

もう導入で出ていますが、今回は弾き語りのスタイルを2つのタイプに分けたいと思います。

  • ジャカジャカタイプ
  • 指弾きタイプ

この2つです。

弦を叩くようにストローク「ジャカジャカタイプ」

一つ目は「ジャカジャカタイプ」です。

その名の通り、ギターをジャカジャカと力強く弾きながら歌うタイプです。

ミュージシャンで言うと、長渕剛さんとか、コブクロの小渕さんとかが分かりやすいですかね!

葛飾ラプソディー(こち亀テーマ) / 堂島孝平(COVER) 弾き語り

こんな感じです。

凄く楽しそうに演奏されてますね(笑)こちらまでノリノリになっちゃいます!

指弾きでポロポロと演奏「指弾きタイプ」

もう一つは「指弾きタイプ」です。

指弾きで音をこぼすようにポロポロと演奏するのが特徴です。

なんでもないや/RADWIMPS 弾き語り [優羽。]

こんな感じです。

静かなで情緒的な曲にピッタリです!

アコースティックギターの種類

ここからは、おすすめのアコースティックギターを紹介するにあたって、基本的なアコギの種類をザっと説明していきたいと思います!

注目すべきは「ボディの大きさ」「サウンドの違い」です。

ドレッドノート

  • アコースティックギターの基本形
  • ボディは比較的大き目
  • 「くびれ」が小さいのが特徴
  • 迫力のあるサウンド

ジャンボ

  • アコギ最大級のボディ
  • 大きな「くびれ」が特徴
  • 迫力のあるサウンド

ラウンドショルダー

  • 基本的な大きさは「ジャンボ」と同じ
  • ボディのネック側が「なで肩」のように落ちている
  • 「なで肩」部分でボディがカットされているので、低音が膨らみすぎない。
  • 「ジャキジャキ」な歯切れの良いサウンド

OOO(トリプルオー)

  • 「フォークギター」と呼ばれることも
  • 上3つに比べてボディが小さく、またボディ幅も薄い
  • 「くびれ」がしっかりある
  • 迫力はないが、立ち上がりが速くクリアなサウンドが特徴

OO(ダブルオー)

  • 今回紹介する中で最小のタイプ
  • ハウリングしにくいので、ライブで使われることが多い
  • 迫力はないが、立ち上がりが速くクリアなサウンドが特徴(2回目)

と、こんな感じです。

細かく言うともっと色々あるんですが、基本的なアコースティックギターの形はこれらを覚えておけば問題ないかなと思います!

ジャカジャカタイプにおすすめのアコギ

では、前項のアコギの種類の説明を踏まえ、「ジャカジャカタイプにおすすめなアコギ」を紹介していきたいと思います!

大迫力で演奏したい人向けおすすめギター

ジャカジャカタイプの中でも「大迫力のサウンドで演奏したい!」というパワータイプの方におすすめするギターは「ドレッドノート」です。

ドレッドノートの特徴をおさらいすると

  • ボディが大きい
  • 迫力のあるサウンド

でしたね。

パワフルな歌を思いっきり歌いたい人におすすめです!

【低価格帯おすすめ】

【ちょっとお高めおすすめ】

MARTIN (マーティン) D-10E

ジャキジャキなサウンドを掻き鳴らしたい人向けおすすめギター

ジャキジャキなサウンドを掻き鳴らしたい人」のおすすめギターは「ラウンドショルダー」です。

ラウンドショルダーの特徴をおさらいすると

  • ネック側のボディがなで肩にカットされている
  • 低音が膨らみすぎない
  • ジャキジャキなサウンド

でした。

ラウンドショルダーは低音が膨らみすぎないので、歌をジャマしないという特性があります。

声量に自信がない方や、情緒的に歌いたい方はこちらがおすすめです!

【低価格帯おすすめ】

Epiphone(エピフォン) AJ-220S

【ちょっとお高めおすすめ】

指弾きタイプにおすすめのアコギ

次に「弾き語りタイプにおすすめのアコギ」を紹介していきます。

ふくよかなサウンドが好みの人向けおすすめギター

ふくよかなサウンドが好みの人におすすめなのが「ドレッドノート」です。

ドレッドノートはボディが大きく、音の伸び(サスティーン)が長いので、ジャカジャカタイプに引き続き、弾き語りタイプにもおすすめなアコギです。

「万能型」ってやつですね。

指弾きでも存在感のある、しっかりとしたサウンドを鳴らしてくれます

【低価格帯おすすめ】

【ちょっとお高めおすすめ】

MARTIN (マーティン) D-10E

クリアなサウンドが好みの人向けおすすめギター

クリアなサウンドが好みの人におすすめのギターは「OO(ダブルオー)」です。

OO(ダブルオー)の特徴をおさらいすると

  • ボディが小さい
  • 音の立ち上がりが速く、クリアなサウンド

でしたね。

上で紹介したギター達と比べて、迫力のあるサウンドは出ませんが、繊細でシャープなサウンドを鳴らすことができます。

静かな雰囲気の曲にはとても合うと思います!

【低価格帯おすすめ】

【ちょっとお高めおすすめ】

タイトルとURLをコピーしました