フェンダーメキシコのヴィンテージギター「Vintera」シリーズとは?サウンドの特徴やラインナップを紹介!!

フェンダー「Vintera」シリーズとは??

フェンダーメキシコのヴィンテージシリーズ

今回紹介する「Vintera」シリーズは、フェンダーメキシコのヴィンテージシリーズになります。

フェンダーメキシコとは、メキシコのエンセナーダに工場を構える生産ラインのことで、パーツや規格、生産マニュアルはフェンダー本社と同じものが採用されており、低価格でフェンダーUSAのサウンドのエッセンスを感じることができます。

年代ごとのラインナップ

「Vintera」シリーズでは、【50’s】【60’s】【70’s】と、各年代のラインナップが存在します。

各年代のサウンド、ルックスの特徴を一本に落とし込んだ、あふれるヴィンテージ感がこのシリーズの魅力です。

各年代の特徴については次項で解説しますので、チェックお願いします!

「Vintera」シリーズの各年代の特徴

【 50’s】の特徴

クリアな鈴鳴りサウンド

50’sには「Vintage-Style ’50s Single-Coil 」が搭載されています。

粒立ちの良いクリアなサウンドが特徴で、「ベルトーン」と呼ばれるきらびやかなトーンが得られます。

サスティンが短い分、バッキングやカッティングフレーズによく合いそうです!

「ソフトV」シェイプネック

「Late 50s V」ネックより少し丸みを帯びた「ソフトV」ネックが採用されています。

ヴィンテージネックのプレイアビリティーを底上げしたセッティングとなっています!

Vintera Series '50s Stratocaster | Vintera Series | Fender

【60’s】の特徴

ウォームでロックなサウンド

60’sのピックアップには「Vintage-Style ’60s Single-Coil 」が使用されています。

ウォームで太いサウンドが特徴で、歪ませることでロックなヴィンテージサウンドを得ることができます。

「Mid ’60s C」シェイプネック

細めのローポジションから12フレットに行くにつれて太くなっていく「Mid ’60s C」シェイプネックが採用されています。

ヴィンテージな演奏性が特徴です!

Vintera Series '60s Stratocaster | Vintera Series | Fender

【70’s】の特徴

バランスの良いブライトサウンド

【70’s】のピックアップは「Vintage-Style ’70s Single-Coil」が採用されています。

前の2本と比べると、癖のないバランスの良いサウンドで、現代のギターサウンドに近いものを感じます。

ジャキジャキ感のあるブライトサウンドといった感じです!

アッシュボディ

ボディ材には「アッシュ材」が採用されています。(【50’s】【60’s】はアルダー)

アッシュ材は、シャープでタイトな硬質なサウンドを生み出します。

Vintera Series '70s Stratocaster | Vintera Series | Fender
タイトルとURLをコピーしました